Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヴィーナスプラセンタ原液の口コミや効果の真実をし暴露ます!実際に使ってみたレビューも紹介。効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。プラセンタ美容液選びで失敗しない為に是非参考になればと思います。

【写真付き】ヴィーナスプラセンタ原液本音の口コミと実感できた効果とは?

ヴィーナスプラセンタ原液

【ヴィーナスプラセンタ原液でシワは消える?】もっと効果的に使う方法とは?

更新日:

実年齢より若く見られたい!

女性の永遠のテーマですよね。

それを叶えてくれるかもしれない大人気の美容液が「ヴィーナスプラセンタ原液」です。

 

プラセンタエキスの美容液は数多く出回っていますが、ヴィーナスプラセンタ原液は特殊な抽出法を用いて新開発したビューティープラセンタエキスを配合。

その他の美容成分も濃密配合、原液300%という濃さでエイジングサインに悩むお肌を直撃し、若々しい印象へと近づけてくれます。

 

年齢肌の悩みで多いのがシワ。

目元の小じわ、眉間の深いシワなど、メイクでは隠しきれないため多くの女性が頭を悩ませているのではないでしょうか。

ヴィーナスプラセンタ原液はあらゆる年齢肌の悩みに対応してくれると言うけれど、本当にシワにも効果があるのでしょうか。

その効果が実証されているなら、ぜひ使ってみたいところですよね。

 

そこで今回は、ヴィーナスプラセンタ原液のシワへの効果について徹底調査しました。

ヴィーナスプラセンタ原液のどんな成分がどのようにシワに働きかけるのか、効果の根拠をしっかりとチェックしていきましょう!

 

シワができる仕組みとは?

まずはどうしてシワができてしまうのか、そのメカニズムを確認しておきましょう。

実はシワと一口に言っても、大きく分けて2つあります。

  • 表皮性のシワ:目尻の小じわなどの浅いシワ
  • 真皮性のシワ:眉間や額、ほうれい線などの深いシワ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

表皮性のシワは乾燥が原因

目元や口元など、細かくて浅いシワ(いわゆる小じわ)が目立つ場合、それは表皮性のシワと言えるでしょう。

 

表皮性のシワの主な原因は、お肌の乾燥です。

お肌の一番外側にある角質層が乾燥すると肌表面のカサつきが生じ、バリア機能が低下していきます。

バリア機能が十分に働かないとお肌の中の水分を保持することができず、お肌の水分は蒸発していきます。

水分を失った肌はしぼんで、細かいちりめん状や線状のシワができます。

 

これは通常ならターンオーバーによって剥がれ落ち生まれ変わるものなのですが、乾燥が続いていると細かいシワがだんだん定着し、大きなシワとなってしまうことがあります。

 

真皮性のシワはお肌がハリを失うことが原因

真皮性のシワの主な原因はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが減少し、ハリが失われることです。

 

真皮層ではコラーゲンやエラスチンがハリと弾力を担い、ヒアルロン酸が水分を維持して健康なお肌を保っています。

しかし紫外線や加齢などの影響でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減少すると、お肌はハリを失ってたるんできます。

これが深いシワとなるのです。

 

たるんだお肌は元に戻る力も弱くなるので、同じ表情を続けることでできる表情ジワなども定着しやすくなります。

 

ヴィーナスプラセンタ原液がシワに効く仕組みとは?

ヴィーナスプラセンタ原液は、表皮性のシワ、真皮性のシワ両方に効果が期待できます。

その根拠を探っていきましょう。

 

表皮性のシワには…5種類の美容成分がお肌を乾燥から守る

ヴィーナスプラセンタ原液の効果を支えているのは、配合されている5つの美容成分です。

  • ビューティープラセンタエキス
  • プロテオグリカン
  • サイタイエキス
  • ヒアルロン酸
  • 琥珀酸

これらの成分の効果は一つではないのですが、乾燥によるシワへの働きかけの説明のため、ここでは主に保湿効果に絞ってご紹介していきますね。

お肌をしっかり保湿できれば、バリア機能も正常に働き、ターンオーバーも促進されるため、表皮性のシワはもちろん、肌荒れ、ニキビ、毛穴など多くの肌トラブルの改善につながります。

 

ビューティープラセンタエキスの保湿効果

ビューティープラセンタエキスは、プラセンタエキス(哺乳動物の胎盤から得られるエキス)を低温酵素抽出法によって抽出した新開発の成分

ヴィーナスプラセンタ原液の販売会社であるオージオと、医薬品メーカーのスノーデンが共同開発しました。

100%原液配合です。

 

プラセンタはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどお肌に必要な栄養が豊富なだけでなく様々な成長因子が含まれており、お肌の水分量を調節したり、ターンオーバーをサポートしたりとオールマイティーに活躍してくれます。

お肌に適度な水分量を保ち、乾燥によるシワを改善・予防します。

 

プロテオグリカンの保湿効果

プロテオグリカンは人間の皮膚においてはコラーゲンやヒアルロン酸などの間を埋めるように存在しており、保水力の高い成分として知られています。

その保水力はヒアルロン酸と同等、またはそれ以上とも言われていて、ヒアルロン酸よりも分子量が小さいのでお肌に浸透しやすいのが特徴です。

 

ヴィーナスプラセンタ原液には100%原液配合されており、抜群の浸透力で高い保湿効果を発揮し乾燥ジワを防ぎます。

 

サイタイエキスの保湿効果

サイタイエキスは哺乳動物の臍の緒から抽出した成分です。

お肌を構成するアミノ酸が豊富なほか、水分保持力の高いヒアルロン酸も多く含まれています。

 

ヴィーナスプラセンタ原液はサイタイエキスも100%原液配合

お肌の潤いと健康を維持します。

 

琥珀酸の保湿効果

宝石として有名な琥珀ですが、その成分は美容や医療の現場で広く使われています。

琥珀酸の主な美容効果は、収れん作用

 

収れん作用とは、たんぱく質を変性させて組織や血管を縮める作用のこと。

お肌を引き締め、キメを細かくするということですね。

ヴィーナスプラセンタ原液に配合されている琥珀酸は潤いを閉じ込めて毛穴を引き締めるので、お肌の水分を逃さない保湿効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸の保湿効果

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分で、優れた保水力を持つことが知られています。

お肌においては潤いをキープする役割を担っていますが、年齢とともに減少してしまうため、年齢肌は乾燥しがち。

 

ヴィーナスプラセンタ原液はヒアルロン酸も配合し、お肌の本来の水分保持力を高めて乾燥ジワの予防・改善に働きかけます。

 

真皮性のシワには…2つの美容成分がお肌のハリに働きかける

お肌のハリが失われ、たるむことによってひき起こされる真皮性の深いシワ。

ハリ不足は、元々お肌に存在するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少によって起こることは前述しました。

 

ということは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やすことができれば、お肌のハリは取り戻すことができ、真皮性のシワの改善・予防にも効果が期待できるはずですよね。

ヴィーナスプラセンタ原液にはそのパワーがあります!

それを担うのはヴィーナスプラセンタ原液に含まれる2つの主要成分。

詳しく見ていきましょう。

 

ビューティープラセンタエキスが線維芽細胞を増やす

プラセンタエキスは前述したようにお肌にオールマイティーな効果を発揮しますが、具体的な効果を大きく3つに分けると次のようになります。

  1. 血行を促して新陳代謝を活発にし、ターンオーバーをサポートする
  2. 老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用
  3. 線維芽細胞を増やす

1.2の効果ももちろん重要なのですが、ここで取り上げたいのは3番目の線維芽細胞を増やす効果です。

 

線維芽細胞はお肌の本来の真皮層において、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す役割を担っている細胞です。

つまりプラセンタエキスはお肌のハリ、弾力、潤いを担う成分を作り出す細胞を増やすという、根本的なところでシワの改善・予防に働きかけてくれるのです。

 

ヴィーナスプラセンタ原液はプラセンタエキスの力を存分に発揮できる「ビューティープラセンタエキス」を新開発して配合することにより、非常に高いハリ・潤い効果が期待できます。

つまり真皮性のシワの改善・予防に役立ってくれるのですね。

 

プロテオグリカンがコラーゲン・ヒアルロン酸を増やす

もう一つ、ヴィーナスプラセンタ原液の配合成分でお肌のハリ・たるみ防止に働きかけるのは、プロテオグリカンです。

非常に高い保湿効果があることは前述しましたが、プロテオグリカンにはもう一つ、特筆すべき効果があります。

それは、コラーゲンとヒアルロン酸を増やす効果

 

ヴィーナスプラセンタ原液は加齢などで不足したハリ成分を増やすことで、真皮性の深いシワに効果的に働きかけます。

 

ヴィーナスプラセンタ原液の対シワ効果をさらにアップさせる使い方とは?

ヴィーナスプラセンタ原液の全体的な効果を存分に引き出すための使い方として、

  • 使用前に、手や顔を洗って清潔にする
    →汚れや皮脂が付いているとヴィーナスプラセンタ原液の浸透の邪魔をしてしまう
  • ヴィーナスプラセンタ原液を塗った後、必ず化粧水などのスキンケアを行う
    →ヴィーナスプラセンタ原液は浸透力を高めるブースターとしての役割があるため、その後の化粧水・乳液などを使わないともったいない

この2点がポイントとなります。

 

さらに、シワの改善・予防の観点で効果的な使い方を押さえておきましょう。

 

気になる部分は二度付けする

目元、口元などは特に皮膚が薄く、皮脂腺も少ないので乾燥しやすい部分です。

頻繁に動かすので負担もかかりやすく、小じわが発生しやすいですね。

 

このような気になる部分には、ヴィーナスプラセンタ原液を二度付けしましょう。

一度ヴィーナスプラセンタ原液を顔全体になじませた後、もう一度目元や口元などに部分的に塗っていきます。

こうすることで部分的な乾燥を効果的に防ぐことができますよ。

 

保湿効果の高いスキンケア用品を使う

ヴィーナスプラセンタ原液は、その後のスキンケアの浸透力を格段に高めるブースターの役割も果たします。

ですからヴィーナスプラセンタ原液をつけた後、化粧水で潤いを与え、乳液やクリームでフタをして水分を逃さないようにするのが鉄則です。

 

シワが気になる人は、化粧水などのスキンケア用品を保湿効果の高いものにしてみましょう。

ヴィーナスプラセンタ原液が浸透を高め、保湿効果も十分引き出してくれるでしょう。

徹底的な乾燥対策をすることが、効果的なシワ対策につながっていきます。

 

まとめ

ヴィーナスプラセンタ原液のシワへの効果について、配合成分を解析し、対シワ効果の根拠を明確にしてきました。

シワには表皮性の浅いシワと真皮性の深いシワとがありますが、ヴィーナスプラセンタ原液は双方に効果を発揮します。

 

300%の原液を含む5つの美容成分が、高い保湿効果を発揮して表皮性の乾燥小じわを改善・予防。

5成分のうちビューティープラセンタエキス、プロテオグリカンの2成分がお肌のハリに働きかけて真皮性の深いシワのケアをしてくれます。

二度付けや保湿効果の高いスキンケア用品を使うことで、さらに対シワの効果を高めることができます。

 

ヴィーナスプラセンタ原液はシワが気になる方に特にオススメの美容液ですので、ぜひ試してみてくださいね!

 

シミへの効果については以下の記事で紹介しています。

シミ効果
【ヴィーナスプラセンタ原液でシミは消える?】もっと効果的に使う方法とは?

この頃、動物の胎盤やへその緒から抽出されたエキスを使った美容液が人気があるのを知っていますか? 始めて聞く人にとっては、 ...

続きを見る



ヴィーナスプラセンタ原液を試してみる?

ヴィーナスプラセンタ原液公式サイトはコチラ!
ヴィーナスプラセンタ原液

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
MIKA

MIKA

毎日家事と子育てを主にしている専業主婦のMIKAといいます。 30代に入ってから、肌のくすみやシミが気になりだしている所です。 1歳と3歳の子供がいるので、毎日子供に負けないように元気に過ごしているつもりなのですが、最近旦那に疲れてない?と言われることが多くなっています。。。▶実際に私が「ヴィーナスプラセンタ原液」を使ってみたレビューはコチラで紹介しています!

-ヴィーナスプラセンタ原液

Copyright© 【写真付き】ヴィーナスプラセンタ原液本音の口コミと実感できた効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.