ダイビングのライセンス

夏も間近な今、誰もが憧れるのがダイビングだと思います。

綺麗な海の中で魚たちと共に泳ぐ、私も機会があれば是非やりたいと思うのがダイビングです。

ダイビングをするためには資格が必要だということは知っていたのですが、いざ調べてみれば資格は一つではないことがわかりました。

潜る深さ、使う空気の種類などで資格も変わるそうで、改めて奥が深いなと思いました。

最初にダイビングを始める人が取得するのがOWD(オープンウォーターダイバー)という資格だそうです。

体験ダイビングの方は必要ないですが、自立して潜る時にはこの資格が必要とのことです。

この資格を取得すると2人以上のダイバーと18mまでは一緒に泳げるそうなのですが、自分の経験の範囲内で潜るというルールがあるそうなので潜れない場所もあるそうです。

18m以上潜りたい場合は、AOW(アドバンスド・オープンウォーターダイバー)という資格を取得する必要があります。

ダイビングの名所になっているところはこのAOWの資格が必須の所が多いのでこの資格は是非取りたい資格だと言えます。

その他にもボートでのダイビングをするためのボートダイバーSPやAOWで経験したよりも深い(水深30~40m)に潜るためのディープダイバーSP、潮の流れが早い所で潜るためのドリフトダイバーSPという資格もあります。

どんなことにも言えることですが、やはりしっかりとした専門知識なしに挑むには自然は偉大すぎます。

万全の備えあればの素晴らしい海の世界であって、何も準備なしに潜るにはあまりにもリスクがあると私は思いました。

資格取得にはそれなりのお値段もしますが、自分や仲間の命のことを思えば安いものだと思うので是非、備えてからチャレンジしましょう。

ダイビングのライセンスを取ろう

ダイビングのライセンスを取ろう

ダイビングのライセンスというのは、とても敷居が高いイメージがあります。

かくいう私も、大学で体験学習があったのをきっかけに取得した程度でした。

初めは怖いと感じていましたが、キチンとライセンスを取得すれば、怖いどころか、素敵な別世界に飛び込めるツールの一つになりました。

私にとっての最初の難関はマスククリアという、ゴーグルに水を入れて、鼻から息を吐き出して、水を出し切るというものでした。

最初はうっかり鼻から水を飲んでしまったりしましたが、ボンベから酸素がくるという安心感から、すぐに攻略できました。

そう、ダイビングのポイントは素潜りとは違い、ボンベがあること。

海の中にいる、息をしなきゃ!と最初の頃は必死になっていたものです。インストラクターの先生に言われた一言で、私にとってのダイビングはイメージが変わりました。

「海に潜ることは、お母さんのおなかの中にいるんだと思えばいいのですよ」なるほど、それは安心だ。

最初は確かに焦る事も多かったのですが、インストラクターの先生の指示をちゃんと見る事。

おすすめは、マンツーマンで指導してくれる先生を探す事。

特に私は、大人数がいると、他の人がどんどん進んでしまって、焦るタイプでした。

それでも、何度も先生の言葉を思い返して、呼吸を整えて、海に身を任せる、泳ぐというよりも、潜っていく事に集中する。

そうすると、自然と視野が広くなって、幻想的な世界に誘われていきました。

未経験の人も大丈夫です。

現に私が取れたのですから。焦らずゆっくりと、自分のペースで一つずつ覚えたら、重いボンベもいとおしくなるものです。

ダイビングの魅力について

ダイビングの魅力について

ダイビングを体験された事がありますか?

私は、富士山登頂と同じくらいのレベルで人生に一度は経験して欲しい事ランキングに入ってます。

そのくらい是非、体験して欲しいです。

とても簡単です。

まずは、ダイビング体験ツアーに申し込みます。

そうすると日時と指定された駅に集合します。

目的地に行くまでの間は、途中で相乗りしてきます。

同じダイビング目的の人なので、ウェルカムです。

そして、どんどん目的地に向かいます。

山路など険しいクネクネ道なので、酔いやすい人は、お守りにお薬を持っていきましょう。

そうすると、綺麗な海が見えてきます。

目的地到着!5時間くらい掛かったと思います。

そして、プールでスウェットスーツを着て酸素ボンベを着けた状態で泳ぐ練習、マウスピースが外れた時の対処方法、マウスピースに水が入った時の対処方法など学びます。

ようやく実践です。

わくわくして、インストラクターとワンツーマンなので安心です。

優しいインストラクターが重たい酸素ボンベを持ってくれます。

そして、海へジャボンっ!!!綺麗な魚達に心が踊ります。

異空間でメルヘンです。

今まで経験したことの無い、静寂さと無音さがとても心地良く癒されます。

そして、上がった時のやり切った感じと爽快感があります。

最高です。

メイクもグチャグチャになるので、スッピンで挑みましょう。

鼻水も垂れてくるので、初デート向きでは無いです。

是非、体験して欲しいです。

日頃のストレス社会から、少し離れた場所で癒しの空間が体験できるのです。